フランスの芸術画家

フランス現代芸術-フランスの芸術画家

フランスの芸術画家

フランスの芸術画家, フランス現代芸術, フランス抽象画家

アート ギャラリー1
アート ギャラリー2

フランス現代芸術 - 石灰塗料-フランス抽象画家

エブリン コーザ‧コルモン – フランスの芸術画家

フランス現代芸術

真偽-«» 画寸(81X65) 作品は石灰質の上塗りで画架に完成しました

私の名前はエヴリン・コルモン( Evelyne Crozat-Coulmont) と申します。そしてこのフランスのアルデシュ県(Ardèche 07) スワヨン(Soyons) 地域の小さな町にある私のアトリエにて絵画の創作をしています。私は独学の芸術画家で、芸術的習得は試行錯誤の後、偶然(奇縁)的に起こりました。それは父祖継承による伝統的な技術に魅せられ、好奇心の赴くまま、やがてはすばらしい素材<石灰>にたどり着きました。その<出会い>によって、私はその技術を完成させることに没頭し、<私のジャンル>を見いだしました。 

コンセプトは、次に挙げる二つの特徴を持った絵画の製作:*石灰質の上塗りであることと、光沢研磨した大理石の様な仕上げ。(**スタッコとも言う。) 

   *壁用補修材。ヨーロッパでは一般家庭での室内塗装の下地に使う最もポピュラーな素材。使用する際、水に溶いてポマード状にします。なかでもアンデュイ・イタリアンとよばれるStuccoは石灰が基本成分で研磨することで鏡面効果が簡単に出せるので、壁面飾りなどの室内装飾や高級舞台装飾に好んで使われます。

私は情熱と共にこの企画に専念しました:素材に対する思い入れとその驚異的な表現手段、そして疎通<描写>をまとめること。  

私の作品は本音であって直感的です。視覚的現実からではなく、それらはかきたてられた心の描写で、私自身の内面奥深くに響き渡る共鳴から、思惟から、一色から、感情からその創作の瞬間に率直に解き放たれます。 

作品が演出する視覚的効果という言葉では表せない私の最高のだいご味はなんと言っても;あなた方の感受性に、想像性に全くもって単純に作品が問いかけると言うことです。 

フランスの芸術画家, フランス現代芸術, フランス抽象画家

エブリン コルモン)フランスの芸術画家


Evelyne CROZAT COULMONT; Artiste peintre contemporaine d’Art Informel Abstrait inscrite à La Maison des Artistes (MDA), DROUOT COTATION; Art Contemporain à Soyons en Ardèche (FRANCE/ RHÔNE-ALPES/ ARDECHE/ DRÔME/ VALENCE).

Publicités